誰に対してのホームページを作成するのか/多言語ホームページ制作を啓蒙するブログ

HOME > 多言語ホームページ制作を啓蒙するブログ > 誰に対してのホームページを作成するのか

誰に対してのホームページを作成するのか

20151029.jpg

すいません。。

知らぬ間に随分ご無沙汰していまいました。。

ブログは間が空いてしまいましたが、

多言語こんにゃくは元気に活動しております!!

さて今日のテーマは

「多言語ホームページを誰に対して作成するか」

ということです。

最近はインバウンド(訪日観光客)向けの多言語サイトを作成しているのですが、

大切なのは「誰に対して」ホームページを作るかということです。

「誰に対してって、お客さんに決まってんじゃん!!」

と思うかもしれませんが、是非そこからもう少し踏み込んで考えて頂きたいと思います。

例えば、あなたが

「外国の方に日本料理を教える」

サービスを、訪日観光客の方にアプローチしたいと考えています。

その場合、まずは「外国の方」についてもう少し掘り下げて考える必要があります。

例えば、2014年の統計では訪日外国人客のうち、約4分の3はアジアからの観光客です。

具体的に言うと、「台湾」「韓国」「中国」「香港」「タイ」などが入国者の多い国です。

その中で「体験型サービス」に比較的興味のある香港や、

年々訪日観光客の増えているタイをメインターゲットにするもの良いですし、

また「食」や「健康」「体験サービス」により興味がありそうな

欧米の観光客に絞るのもアリかもしれません。

まずこのように、具体的なユーザー層をイメージするのは、とても大切なことです。

また、その人達は「いつ」「どこで」あなたのサービスを知ると思いますか?

例えば、個人旅行客(FIT)の人であれば、訪日前に調べる人も要るかもしれませんし、

滞在期間の比較的長い欧米の方の場合は、

滞在中に明日のスケジュールを決めるということもあります。

あるいは、団体のお客様であれば、個々にアプローチをするより、

現地の旅行代理店などへ訴求を行う必要も出てきます。

やみくもにホームページを多言語化しただけでは、砂漠に水を撒くようなものです。

しっかりと目的を明確にして、戦略を立てることが大切です。

多言語こんにゃくでは、御社に最適な多言語ホームページの戦略の策定からご提案いたしますので、

是非お気軽にご相談下さい!

本日はここまで!

これからはもう少し頻繁に更新したいと思いますm(__)m

何卒よろしくお願いいたします。

< インバウンド訪日観光客市場について考える  |  一覧へ戻る  |  インバウンド観光客数は2015年も大幅アップ! >

このページのトップへ